カレンダー

今日 明日
2018年10月21日(日)
図書館  閉館

 
 
 

電子ジャーナル


 電子ジャーナル 

電子ジャーナルは、雑誌に掲載された論文や記事が電子化され、インターネット経由で利用できるサービスです。電子ジャーナルごとに使用条件や必要なソフトウェアが違いますので、それぞれの電子ジャーナルサイトや図書館ホームページで確認してからご利用ください。
なお、利用にあたっては、ネットワーク制限(学内限定、または学認経由で学外利用可)、同時アクセス数制限、ID/Password が必要な場合もありますので、ご注意ください。
不明な点は、【問い合わせ】フォームからお問い合わせください。

 電子ジャーナルの利用について 

電子ジャーナルを利用する際は、著作権を侵害する行為や不正利用行為は禁じられています。各出版社、サービス提供業者の定めたルールに違反するとアクセス制限がかけられたり、大学全体での利用停止措置、罰金や罰則が課せられる場合がありますので、利用条件や著作権法は必ず守ってください。
一般的に、以下の行為はほぼすべての電子ジャーナルで禁止されています。 このような行為が判明すると、個人、研究室単位ではなく、全学的に利用停止にされることになりますので、絶対に行わないでください。

  • 短時間に大量のデータをダウンロードすること
  • データの著作権を侵害する行為をすること
  • 個人利用の範囲を超えた利用をすること
  • その他、法的に禁止されている行為をすること


 電子ジャーナルポータル 

図書館では、年々増加する電子ジャーナルを有効に活用していただくために、電子ジャーナルポータルとして、E-Journal List (360 Core) 、および リンクリゾルバ (360 Link) を導入しています。電子ジャーナルポータルを利用すると、論文入手が容易になります。
電子ジャーナルポータルはこちらからご利用ください。

 学認による電子リソースの利用 

学術認証フェデレーション (略称 学認:GakuNin)による相互認証連携を利用すると、大学の個人認証IDで、一部の電子ジャーナルが学外から利用することができるようになります。
学認の利用方法について、詳しくは【学認(Gakunin)】からご覧ください。

 Science Directの利用について 

2013年1月より、エルゼビア社が提供する電子ジャーナル Science Direct は、非購読誌を論文単位でダウンロードできるトランザクション(Pay Per View)方式で契約することになりましたので、ご利用ください。 トランザクションの利用について、詳しくは【外部データベース】をご覧ください。

  • トランザクションは、学外でも利用することができます。
  • トランザクションの利用には、ユーザー登録が必要です。
  • ユーザー登録は、学内ネットワークに接続されたPCで行なってください。
  • 2013年7月より、試験的にユーザー登録対象者の範囲を拡げました。


利用される際、以下の購読誌4誌は従来どおり【電子ジャーナルポータル】から、非購読誌は直接 Science Direct のホームページからご利用ください。

  • Fuel
  • Cell
  • Cell Metabolism
  • Current Biology
  • その他、2012年まで契約していた雑誌 (116タイトル)
        ※ある年限より2012年まで利用可